ご挨拶


 は、それまで士(さむらい)業とは一切縁のなかった仕事に就いていました。ところがどういう縁でか、行政書士という業務を始めたのが33歳の時でした。それから数えて今や四半世紀を迎えようとしています。これも単にご縁をいただいた多くの皆様のご支援の賜物と感謝申し上げます。

 
 ところで、建設産業は、人間が生活するための最低限必要な三要素である「衣食住」の内「住」の分野で大いに貢献してきました。特に戦後の復興期を境に、重要な産業として位置づけられて法整備がなされ、以来世界でも屈指の技術を身に着け、近代産業として我が国の産業界を牽引してきた歴史があります。

 そのような建設産業の一役を建設業許可や入札参加資格に関する業務に微力ながら関われたことは、大きな自負でもあります。

 今後も更に精進すべく決意をもって取り組んで参る所存です。皆様の更なるご指導ご鞭撻頂きますようお願い申し上げます。

   平成25年3月15日
   行政書士亀井保

◆◆◆ はじめに ◆◆◆


 当サイトは、建設業の中でも、公共事業への参入に強く影響がある経営事項審査(経審)を中心テーマとしました。

  












社長のための建設業経営ゼミ (経審編)




 本日は、当サイトへお立ち寄りいただきまして、誠に有難うございました。        
               ■代表者:亀井 保
         ■創業:平成元年4月
               ■モットー:誠実